ARUHI(アルヒ株式会社)

【フラット35】で親子リレー

親子リレー

親子で連携し返済期間と借入可能額をUP

「親子リレー」とは、親と子で住宅ローンを組み、親子二代に渡ってローンを返済できる住宅ローンのことです。借り入れをする住宅ローンは1本で、親が主債務者、子が連帯債務者になります。(返済当初は親が返済していき、後々に子が返済を引き継いでいくのが基本的な流れです。)
親と子の収入を合算でき、親だけもしくは子だけで住宅ローンを借りるよりも、借入可能額が大きくなるメリットがあります。
また、親の年齢的に長期の借り入れが難しい場合にも親子リレーのメリットが発揮されます。例えば親の年齢が65歳の場合、【フラット35】では完済時の年齢が80歳未満と決まっていますので、通常借り入れ期間は最長15年までですが、親子リレーを利用することで、子の年齢をもとに返済期間を設定し、最長35年の住宅ローンを借りることが可能になるのです。また【フラット35】では、お申し込み本人と連携債務者は同居の必要がありません。

【フラット35】と民間金融機関の住宅ローン

親子リレーでは、団体信用生命保険(以下「団信」という。)に加入できるのは原則「子」となっていることが多く、「親」が加入できる場合でも、同時に子が加入することを必須にしている金融機関がほとんどです。しかし【フラット35】の場合、「親」のみが団信に加入することができます。団信の保障は満80歳の誕生日の属する月の末日と決まっていますので、親が80歳を超えたときは、子が新たに団信に加入する必要がありますが、親の団信加入期間、親に万が一のことが起こった場合には全額が完済となります。ただし、逆の場合も考えられるのでよく考えて加入することが必要です。
(参考:親と子がそれぞれ加入するケース/どちらかに万が一のことが起こった場合に片方の債務部分のみ完済となります。)
さらに【フラット35】では、子(連帯債務者)の収入全額を合算することができます。収入についても定期的な給与のほかに公的年金も収入として認められているので、民間の金融機関で認められにくい年金も親の収入に含めて計算をすることが可能です。

詳しくは、ARUHI 住宅ローンサイトのARUHI フラット35融資条件をご確認ください。

親子リレーを利用するためには

親(お申し込み本人)

申し込みの年齢が満70歳以上でもOK

通常、【フラット35】の融資条件の利用対象者は、お申し込み時満70歳未満・完済時満80歳未満と定められていますが、親子リレー返済ではお申し込み本人の年齢は問いません。

子(後継者)

次の条件をすべて満たす方
  • お申し込み本人の子(後継者)、またはその配偶者で定期収入のある方(学生・未成年でも可能な場合があります)
  • お申し込み時の年齢が満70歳未満の方
  • 連帯債務者になることができる方

親子リレーを利用した時の試算例をみてみよう

父 大五郎64歳 年収200万

借入可能額
820万円
最長15年返済
(金利1.25%の場合)

返済期間が完済時の年齢が満80歳になるまでだから
返済期間15年では希望の資金計画が立てられない。

息子 子五郎35歳 年収350万

借入可能額
2,951万円
最長35年返済
(金利1.30%の場合)

年収や他のローンと合わせた年間返済比率の基準があるので
現在の収入では借入可能額が足りない。

そこで、親子リレーを活用すると・・・

返済の選択肢の幅が広がります!

大五郎&小五郎親子の場合、「親子リレー返済」をお申し込みいただくことで、最長35年の返済期間でお借り入れいただけます。
また、収入合算もできるため借入可能額が増額でき、ゆとりをもった返済計画が立てられます。
(連帯債務者の収入全額を合算することができます)

借入可能額、返済年数に
余裕ができます。

小五郎の年齢(35歳)で
返済期間を計算

年収550万円として借入可能額を計算

金利 1.30%の場合

借入可能額5,410万円

(最長35年返済)

小五郎のみでお申し込みの場合より
2,459万円UP!

  • 試算に用いる金利は実際の適用金利ではありません。試算内容に事務手数料は含まれていません。

Web割引実施中!
Webでのお申し込みはこちら

Webで借り入れを申し込む Webで借り換えを申し込む

全国に店舗を展開中!
店舗でのお申し込みはこちら

来店予約

お気軽にお問い合わせください。お問い合わせ

これから住宅を建築・購入される方
新規借り入れ

0120-353-795

受付時間:10:00~19:00(年末年始を除く)

現在住宅ローンをご返済中の方
借り換え

0120-353-791

受付時間:10:00~19:00(年末年始を除く)

トップへ
戻る