ARUHI(アルヒ株式会社)

【フラット35】でセカンドハウス購入

セカンドハウス

セカンドハウスとは

ここでのセカンドハウスとは、生活拠点としている自宅のほかに、別荘・別宅・将来用の住宅のことを指します。通常の住宅ローンは「契約者が居住する住宅」に対して融資されるものなので、セカンドハウスには利用できません。民間の金融機関では変動金利のセカンドハウスローンといった商品を提供しているところもありますが、通常の住宅ローンと併せて2本のローンを組むことになる人や、高年齢な方もいるため、申し込む方にとっても、金融機関にとっても、リスクの高いローンになると言えます。そのリスクを減らすために一般的なセカンドハウスローンは、通常よりも金利を高く設定したり、対象物件に条件が指定されていることもあります。
民間の金融機関のセカンドハウス用の住宅ローンに比べ、【フラット35】では、金利はもちろん、対象となる住宅や融資額などの融資条件は通常の住宅ローンの時と変わらない条件で申し込むことが可能です。

  • 商品名や商品概要は、金融機関により異なります。

セカンドハウスに【フラット35】を利用するための主な条件

“セカンドハウスとは”でお話しした通り、【フラット35】ではセカンドハウスを取得(購入・建築)する際にも融資を利用できます。そのためには、以下の条件を満たす必要があり、注意点もあります。

条件

  • 現在住んでいる住宅以外で、自分が利用する住宅(主たる住宅以外の自己居住用)
  • 賃貸を行わない住宅

留意点・注意点

  • セカンドハウスに【フラット35】を利用する際の年間返済比率(総返済負担率)では、お申し込み時に賃貸住宅に居住の場合、このローンとその他の借り入れを合わせた年間返済額に現在の賃料を含めます。
  • セカンドハウスの場合、住宅ローン控除は利用できません。

こんなときに活用出来ます!

単身赴任先で長く暮らす

例えば…
長期単身赴任になるために、住宅購入・建築を考えている方

将来、故郷に戻り暮らす

例えば…
今は仕事の関係で会社の近くに住んでいるが、将来はUターンをしてそこで暮らしたいと考えている。

将来、親や子の近くで暮らす

例えば…
子供が大きくなり自立した後に、両親の家の近くに住みたいと考えている。

その他、別宅・別荘が欲しい

例えば…
普段は都心に住んでいるので、休日は地方でのんびり暮らしたいと考えている。

詳しくは、ARUHI 住宅ローンサイトのARUHI フラット35融資条件をご確認ください。

Web割引実施中!
Webでのお申し込みはこちら

Webで借り入れを申し込む Webで借り換えを申し込む

全国に店舗を展開中!
店舗でのお申し込みはこちら

来店予約

お気軽にお問い合わせください。お問い合わせ

これから住宅を建築・購入される方
新規借り入れ

0120-353-795

受付時間:10:00~19:00(年末年始を除く)

現在住宅ローンをご返済中の方
借り換え

0120-353-791

受付時間:10:00~19:00(年末年始を除く)

トップへ
戻る