ARUHI(アルヒ株式会社)

【フラット35】リノベで金利引き下げ

【フラット35】リノベ
当初一定期間0.5% 金利引下げ

【フラット35】リノベ

【フラット35】リノベとは、購入する中古住宅のリノベーション(性能向上リフォーム)を行う場合や、
リノベーション済中古住宅を購入する場合に、【フラット35】の金利を一定期間引き下げる制度です。
引き下げ期間は、当初10年間金利を引き下げるAプランと当初5年間金利を引き下げるBプランがあります。

  • 性能向上リフォームとは省エネルギー性・耐震性など、住宅の性能を一定以上向上させるリフォーム工事を指します。

どんな場合に使えるの?

中古住宅購入後、性能向上リフォームを行う場合
(リフォーム一体タイプ)

お客さまが自ら住宅購入後に性能向上リフォームを行います。

中古住宅購入後個人のお客さまが性能向上リフォーム

性能向上リフォーム済の中古住宅を購入する場合
(買取再販タイプ)

あらかじめ住宅事業者が性能向上リフォームを実施している中古住宅を購入します。

住宅事業者が性能向上リフォーム実施済

【フラット35】リノベを利用するための条件

【フラット35】リノベを利用するためには、住宅金融支援機構で定められた住宅の要件、リフォーム工事費※1の要件を満たす必要があります。
また、「中古住宅の維持保全に係る措置」を行うことも必要条件になります。

  • 住宅要件に係る工事を含むリフォーム工事全体の費用が「リフォーム工事費の要件」の金額を上回っていることが必要です。買取再販タイプで複数住戸の場合は、工事費全体が「住戸数」に「リフォーム工事費の要件の金額」を掛けた金額を上回っていることが必要です。
  • 上記の要件のほか、住宅の耐久性などの【フラット35】の技術基準やその他の融資基準を満たす必要があります。
  • 金利Aプラン、金利Bプランに該当しない(リフォーム工事費の要件、住宅の要件又は中古住宅の維持保全に係る措置に該当しない)場合でも、中古住宅の取得に併せてリフォーム工事を実施するときには、金利引下げのない【フラット35】リノベをご利用いただけます。
  • 【フラット35】リノベには予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付を終了させていただきます。
    受付終了日は、終了する約3週間前に住宅金融支援機構のHPに掲載されます。

【フラット35】リノベ金利Aプランと【フラット35】リノベ金利Bプランの違い

【フラット35】リノベ金利Aプラン(当初10年間金利0.5%引き下げ)の場合
リフォーム工事費 300万円以上

リフォーム工事後に次のいずれかの基準に適合しており、選択した基準に関する工事が行われた住宅であること。

性能項目 技術基準
省エネルギー性 省エネルギー性
  • 一次エネルギー消費量等級5の住宅
    (認定低炭素住宅及び性能向上計画認定住宅を含む。)
耐震性 耐震性
  • 耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)3の住宅
バリアフリー性 バリアフリー性
  • 高齢者等配慮対策等級4以上の住宅(共同建て住宅の専用部分は等級3でも可)
耐久性・可変性 耐久性・可変性
  • 長期優良住宅
    (長く安心、快適に暮らせる優良な住宅として国が定めた基準を満たし認定を受けた住宅)
  • aのうち一次エネルギー消費量等級5の住宅、bおよびcの技術基準は、住宅の品質確保の促進等に関する法律(平成11年法律第81号)に基づく住宅性能表示制度の性能等級と同じです。住宅性能評価書を取得しなくても所定の物件検査に合格すれば、【フラット35】リノベ(金利Aプラン)をご利用いただけます。
  • リフォーム工事前にすでに住宅要件に適合している場合でもご利用いただけます。
【フラット35】リノベ金利Bプラン(当初5年間金利0.5%引き下げ)の場合
リフォーム工事費 200万円以上

次のいずれかのリフォーム工事(下表は工事の一例)が行われた住宅であること。

性能項目 技術基準
省エネルギー性 省エネルギー性

断熱材の追加工事
断熱性の高い開口部への交換工事
高効率空調機・高効率給湯器・太陽光発電設備等の設置工事 など

耐震性 耐震性

壁・筋かい等の設置工事 など

バリアフリー性 バリアフリー性

手すりの設置工事
通路又は出入口の幅員拡幅工事
バリアフリートイレ又は浴室への交換工事 など

耐久性・可変性 耐久性・可変性

床材の交換工事
屋根・外壁の塗装・防水工事
天井・内壁等の壁紙等の交換工事 など

「中古住宅の維持保全に係る措置」とは

【フラット35】リノベを利用するためには、「性能向上リフォーム」を行うほかに、もう一つ必要な条件があります。
それが「中古住宅の維持保全に係る措置」を行うことです。
「中古住宅の維持保全に係る措置」とは、以下の4つの中からいずれかの措置のことをいい、この措置がとられていることを適合証明審査機関で確認していただく必要があります。

中古住宅の維持保全に係る措置1 インスペクションの実施

住宅の劣化状況、性能などについて専門家による現況検査を実施すること。
建物の状態を把握し、売買におけるトラブル発生のリスク軽減や売買の安心・安全にもつながります。

中古住宅の維持保全に係る措置2 瑕疵保険の付保等

既存住宅売買瑕疵保険またはリフォーム瑕疵保険を付保すること。
これらの保険は、引渡しを受けた住宅の保険対象部分に瑕疵が見つかった場合に、その補修費用をまかなうことができる保険です。

中古住宅の維持保全に係る措置3 住宅履歴情報の保存

リフォーム工事に関する写真および図書(工事箇所を示す図面、詳細図面等)について、保存形式や保存場所を明確にした上で買主が保存すること。
記録として残しておくことで、将来、点検・リフォーム・売買などを行う際に、履歴情報が活用できます。

中古住宅の維持保全に係る措置4 維持保全計画の作成

リフォーム工事後の住宅について、住宅を長期にわたり良好な状態で使用するための措置などを定めた維持保全計画を作成すること。

金利引き下げの仕組み・【フラット35】との返済額を比較

【フラット35】リノベ(金利Aプラン)場合の金利引き下げ

金利Aプラン
当初10年間0.5%引き下げ

金利Aプラン当初10年間0.6%引下げ

【フラット35】リノベ(金利Bプラン)場合の金利引き下げ

金利Bプラン
当初5年間0.5%引き下げ

金利Bプラン当初5年間0.6%引下げ

【フラット35】地域連携型/【フラット35】地方移住支援型と併用した場合の金利引き下げ

【フラット35】リノベの引き下げ分を適用+引き下げ期間が延びます。

金利Aプラン
当初12年間0.5%引き下げ

【フラット35】地域連携型/【フラット35】地方移住支援型と併用した場合は金利Aプラン当初12年間0.6%引下げ

金利Bプラン
当初7年間0.5%引き下げ

【フラット35】地域連携型/【フラット35】地方移住支援型と併用した場合は金利Bプラン当初7年間0.6%引下げ

【フラット35】との返済額を比較

試算条件

実行金利1.320%/借入額3,000万円(融資比率9割以下)/借入期間35年/団信加入/元利均等/返済ボーナス返済なし

商品名 毎月の返済額 総返済額
【フラット35】 全期間 89,233円 約3,748万円
【フラット35】リノベ(金利Bプラン) 当初5年間
82,192円
6年目以降
88,252円
約3,671万円
総返済額が【フラット35】よりも約77万円お得
  • 当該計算結果は諸条件により、実際の返済額と異なる場合がございます。

意外と知らない金利引き下げ制度

【フラット35】よりも低い金利で住宅購入

質の高い住宅購入で金利引き下げ

【フラット35】S

中古住宅購入とリノベーションで金利引き下げ

【フラット35】リノベ

子育て世帯/UIJターン契機で金利引き下げ

【フラット35】地域連携型
【フラット35】地方移住支援型

Webで簡単!
Webでのお申し込みはこちら

Webで借り入れを申し込む Webで借り換えを申し込む

全国に店舗を展開中!
店舗でのお申し込みはこちら

来店予約

住宅ローン借入可能額を審査

物件情報不要!運転免許証で簡単入力。最短1分で結果がわかる!

家探し前クイック事前審査

簡易シミュレーションはこちら

お気軽にお問い合わせください。お問い合わせ

住宅ローンのご相談やお問い合わせは、下記ページからお気軽にお問い合わせください。

トップへ
戻る