ARUHI(アルヒ株式会社)

団体信用生命保険とは

団体信用生命保険

団信とは?

団信とは、団体信用生命保険の略称で、住宅ローンの返済中にローン契約者が死亡または所定の身体障害状態など、万が一のことが起きた場合に、ローン契約者に代わって保険会社がその時点の住宅ローン残高を支払い、ローンが完済となる制度です。団信に加入しておけば、もしもの時に残された家族は、住宅ローンという大きな負担を負わずに住宅を引き継げるということです。
住宅ローンを借りるときは多くの方が20年~35年と長期のローンを組むことが多いです。そのため、万が一のことを考えリスクを避けるために団信加入が条件となっている金融機関もあります。

団信で安心

機構団信特約制度

機構団信特約制度は、住宅金融支援機構が保険契約者/保険金受取人、【フラット35】の団体信用生命保険のご加入者が被保険者となり、支払われた保険金が債務の返済に割り当てられる仕組みです。
団信加入に必要な費用は【フラット35】の月々の支払いに含まれており、保障内容も充実。機構団信特約制度には、【新機構団信】と【新3大疾病付機構団信】の2種類があります。

  • 死亡保険金、身体障害保険金、3大疾病保険金および介護保険金をいいます。

保障内容について

新機構団信
新機構団信の保障範囲
国内団信初※1身体障害保障/死亡
新3大疾病付機構団信
新3大疾病付機構団信の保障範囲
国内団信初※1身体障害保障/介護保障/3大疾病/死亡
  • 75歳の誕生日の属する月の末日までの保障となります。75歳の誕生日の属する月の翌月1日からは「新機構団信」の保障内容となります。
  • 住宅ローンの借り入れに際して加入する団信で身体障害状態(身体障害者福祉法に定める身体障害状態)が保障対象となるのは、国内で初めてとなります。(2017年3月31日時点、機構団体信用生命保険地域幹事生命保険会社調べ)
  • 新3大疾病付機構団信では「デュエット」をご利用いただけません。また、ご加入いただいた後に「デュエット」から新機構団信または新3大疾病付機構団信への変更はできません。

意外と知らない金利引き下げ制度

【フラット35】よりも低い金利で住宅購入

質の高い住宅購入で金利引き下げ

【フラット35】S

中古住宅購入とリノベーションで金利引き下げ

【フラット35】リノベ

子育て世帯/UIJターン契機で金利引き下げ

【フラット35】地域連携型
【フラット35】地方移住支援型

Webで簡単!
Webでのお申し込みはこちら

Webで借り入れを申し込む Webで借り換えを申し込む

全国に店舗を展開中!
店舗でのお申し込みはこちら

来店予約

住宅ローン借入可能額を審査

物件情報不要!運転免許証で簡単入力。最短1分で結果がわかる!

家探し前クイック事前審査

簡易シミュレーションはこちら

お気軽にお問い合わせください。お問い合わせ

住宅ローンのご相談やお問い合わせは、下記ページからお気軽にお問い合わせください。

トップへ
戻る